5月 15, 2018/ 福祉用具/

要介護2以上の方にとっては、耳寄りなお話です。

介護保険をご利用の場合、原則的にご本人負担は1割ですが、それでも必要なサービスをすべて受けるとなると自己負担額はかなりの金額になります。排泄や入浴にも何らかの介助が必要になるレベルあるいはそれ以上のレベルになると、必然的に必要な介護サービスの種類も多くなり、ひいては自己負担額も増大します。また、電動ベッドを必要とする方も多くなります。

電動ベッドとマットレス、サイドレールをご利用の場合、平均的なご本人負担額(1割負担の場合)はおよそ1,200円ぐらいになります。そしてこれが介護保険の単位(1,200単位)でもあるわけですが、この負担額(介護保険単位)が半額になるとしたら、どうでしょう?ご本人負担が軽くなることはもちろん、その分を活用して他の必要なサービスを受け取ることもできます。たとえば、車いすを1台レンタルで利用することもできるわけです。

ご利用者様にとっても、ケアプランを作成するケアマネージャー様にとっても月額600単位を軽減できたり、活用できるということは、とてもありがたいお話だと思います。

                当社のキャンペーンチラシ(表)

ぜひ多くの方の目に触れることを願っております。